FC2ブログ

がん、脳梗塞と心筋梗塞、メタボ、痛風、水虫、そして「かぜ」を無くす

がんを肉と野菜で治し、足指運動で突然死とメタボ等を無くすことができることを説明します。

冬は、カキ鍋がオススメ

「がん・脳梗塞・心筋梗塞・かぜ・等」を無くす ホームページの紹介
ホームページの内容は以下のとおりで、アドレスは http://emunaota.web.fc2.com/です。興味ある人は覗いてみてください。
1.ほうれん草を添えたステーキで、がんを無くす!
2.足指の運動で、脳梗塞や心筋梗塞を無くす! さらに、足指の運動は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、通風および水虫を無くす!
3.エアコンを止めて、ラジオ体操・散歩で、かぜ等を無くす! かぜ等とは、かぜ、インフルエンザ、花粉症、肺炎、COPD及び喘息を言う。
4.散歩・ラジオ体操・足指運動で、エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)を無くす!


冬は、カキ鍋がオススメ(2018.11.1追記)
かぜ等の防止に、エアコンを止めて、運動することが一番ですが、その次は暖かいカキ鍋がオススメです。
花粉症対策(2018.3.1追記)の記事で、肺の血管を、ブラジキニンにより太くしたり、アンギオテンシンⅡにより細くしたりして、体温調節していることを書きましたが、血管を細くするアンギオテンシンⅡを作る酵素(アンギオテンシン変換酵素)は、同時に、ブラジキニンを分解するので、人体は急な温度の低下にも対応できるのです。
そして、アンギオテンシン変換酵素は、金属の亜鉛(化学記号:Zn)分子が含まれています。亜鉛は、体の中で、鉄の次に多く、欠乏しやすい金属です。

寒くなると、肺の血流は少なくても、ラジエター機能が発揮できますので、体温を適温に保てます。また、温度が低いと血液と酸素の結合能力が上がりますので、肺の血流は少なくても、酸素不足にはなりません。従って冬は、アンギオテンシンⅡを分泌して血管を細くしなくてはなりません。このために肺の細胞は、アンギオテンシン変換酵素を分泌しなくてはなりませんが、亜鉛が不足したらアンギオテンシン変換酵素ができません。だから、亜鉛をたくさん含む食材のカキが必要なのです。その他、亜鉛を含む食材は、海苔・レバー・貝類・豆類などがありますが、暖かいカキ鍋が、寒い冬には一番お似合いのような気がします。

では、寒い冬が続きますが、皆様には、エアコンを止めてラジオ体操や散歩をして、美味しいカキ鍋を食べて、健康で楽しい日々をお過ごしください。
以上

スポンサーサイト
  1. 2018/11/01(木) 10:29:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫と遊んだこと、風船を浮かべたこと

「がん・脳梗塞・心筋梗塞・かぜ・等」を無くす ホームページの紹介
ホームページの内容は以下のとおりで、アドレスは http://emunaota.web.fc2.com/です。興味ある人は覗いてみてください。
1.ほうれん草を添えたステーキで、がんを無くす!
2.足指の運動で、脳梗塞や心筋梗塞を無くす! さらに、足指の運動は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、通風および水虫を無くす!
3.エアコンを止めて、ラジオ体操・散歩で、かぜ等を無くす! かぜ等とは、かぜ、インフルエンザ、花粉症、肺炎、COPD及び喘息を言う。
4.散歩・ラジオ体操・足指運動で、エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)を無くす!


孫と遊んだこと、風船を浮かべたこと(2018.10.1追記)
今年の夏も、孫とたくさん遊んだその中で、風船を浮かべる遊びを思いつき、やってみました。下の写真の通りうまく浮かび、孫も喜び、興奮のひと時を過ごすことが出来ました。

baloon2

扇風機の風を真上に吹き出し、その上に風船を載せるとふんわり浮かび、その落ちそうで落ちないふわふわした状態が、なんとも楽しいものです。我が家の扇風機の風力は9段階の切り替えが可能ですが、あんまり風力が小さいと浮き上がらず、あんまり大きいと風船を吹き飛ばしてしまい風船を浮いたままにすることは出来ません。風力5くらいがちょうどいいようです。そして、意外なことに、扇風機を上向きにした上で、首振りもかけると風の流れが広くなり複数の風船を浮かべるのに好都合でした。このまま、部屋のオブジェとして、風船を浮かせたままにしておくのもいいなと思いましたが、電気量が勿体無い(もったいない)のでやめました。

今月の記事は、心のリフレッシュのため、少し趣(おもむき)を変えた内容にしました。では、気候の良い秋になりますので、皆様には健康で楽しい日々をお過ごしください。
以上

  1. 2018/10/01(月) 10:29:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ウィルヒョウの呪い」を解く呪文(じゅもん)

「がん・脳梗塞・心筋梗塞・かぜ・等」を無くす ホームページの紹介
ホームページの内容は以下のとおりで、アドレスは http://emunaota.web.fc2.com/です。興味ある人は覗いてみてください。
1.ほうれん草を添えたステーキで、がんを無くす!
2.足指の運動で、脳梗塞や心筋梗塞を無くす! さらに、足指の運動は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、通風および水虫を無くす!
3.エアコンを止めて、ラジオ体操・散歩で、かぜ等を無くす! かぜ等とは、かぜ、インフルエンザ、花粉症、肺炎、COPD及び喘息を言う。
4.散歩・ラジオ体操・足指運動で、エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)を無くす!


「ウィルヒョウの呪い」を解く呪文(じゅもん)(2018.9.1追記)
「がんは、細胞の突然変異によって生じ、宿主(患者)を死に至らしめるまで無限に増殖を続ける」とウィルヒョウ(1821-1902)が100年以上前に定義しました。ウィルヒョウはドイツ人医師、病理学者、政治家で「病理学の法王」と呼ばれるほど多くの実績を残した医学会の重鎮であります。しかし、突然変異はDNAがランダムに変化するもので、がんのように多くの人の細胞が等しく無限に増殖するような変異はあり得ません。誰が言い出したか知りませんが、この定義は「ウィルヒョウの呪い」と言われています。
つい先日(7月6日)EXILEの弟分と言われるFANTASTICSの中尾翔太さん22才が胃がんで亡くなったことが報じられました。お悔やみ申し上げます。推測ではありますが、若くて体力のある中尾さんには強めの抗がん剤が処方されたに違いありません。それでなければ、3月に一旦症状が回復して、その後数ヶ月で亡くなることが説明できません。そして、中尾さんも「ウィルヒョウの呪い」の被害者としか考えられません。
「ウィルヒョウの呪い」を解く呪文があります。その呪文は「ステーキを食べればガンが無くなる」です。この呪文を唱え、実行して健康な生活を獲得して欲しいものです。

また、水虫についても、東京帝国大学教授も務め、皮膚病について国際的にも評価の高い太田正雄博士(1885-1945)に「水虫は真菌が皮膚に感染して発症する」と定義されて現在に至っています。実際は血液滞留改善のため血管内皮細胞から分泌される一酸化窒素(NO)が、温度が高くなって皮膚タンパクを障害する事が水虫の原因であるのに、一般には理解されていません。こちらは「太田博士の呪い」とでも言っておきましょう。
「太田博士の呪い」を解く呪文があります。その呪文は「足指運動をすれば水虫は無くなる」です。この呪文を唱え、実行して快適な生活を獲得して欲しいものです。

では、気候の良い秋になりますので、皆様には健康で快適な日々をお過ごしください。
以上

  1. 2018/09/01(土) 09:22:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱中症対策

「がん・脳梗塞・心筋梗塞・かぜ・等」を無くす ホームページの紹介
ホームページの内容は以下のとおりで、アドレスは http://emunaota.web.fc2.com/です。興味ある人は覗いてみてください。
1.ほうれん草を添えたステーキで、がんを無くす!
2.足指の運動が、脳梗塞や心筋梗塞を無くす! さらに、足指の運動は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、通風および水虫を無くす!
3.エアコンを止めて、ラジオ体操・散歩が、かぜ等を無くす! かぜ等とは、かぜ、インフルエンザ、花粉症、肺炎、COPD及び喘息を言う。
4.散歩・ラジオ体操・足指運動で、エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)を無くす!


熱中症対策(2018.8.1追記)
肺炎死亡率、COPD死亡率が最近上昇しています。COPDとは慢性の呼吸器疾患のことです。
そこで、これらの死亡率とエアコン出荷台数および自動車の国内登録台数について、1975年を100とした指数で表し、グラフにしてみました。
aircongraf

具体的なデータは下表のとおりです。
aircontable

エアコン出荷台数、自動車登録台数、肺炎死亡率およびCOPD死亡率が全て同じ様に増加していることから、相互に関係のあることがわかります。自動車は、歩く機会の減少すなわち、運動不足を助長します。運動不足は血液循環を滞らせます。また、エアコンは、外気と室温の相違により肺のラジエター機能の混乱を助長します。すなわち、血液を循環させて肺のラジエターで体温調節しているシステムの混乱が、肺炎やCOPDによる死亡者を生んでいるのです。さらに、熱中症も,体温調節の異常ですから、COPDなどと同じメカニズムで発症するのです。

3月1日の記事にカゼや花粉症の対策として血液循環の促進が大事であることを書きましたが、熱中症対策としても血液循環の促進が大事なので有ります。

すなわち、熱中症対策として、涼しい所に移動して、可能ならば手足を軽く動かすことにより、血液循環を促進することが必要なのです。クーラーの聞いた部屋に入ってじっとしているのは好ましくありません。クーラーの冷たい風を直接皮膚に当てると、皮膚の熱放散機構が機能しなくなって、熱が体内にこもり、熱中症は改善しません。

熱中症になりそうになったら、すぐに、風通しの良い涼しい場所に移動して、軽く手足を動かし、可能ならば友達と会話するなど、リラックスして過ごすのがベストです。

では、暑い日が続きますが、健康で楽しい日々をお過ごしください。
以上

  1. 2018/08/01(水) 10:59:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

調剤薬局を退職しました

「がん・脳梗塞・心筋梗塞・かぜ・等」を無くす ホームページの紹介
ホームページの内容は以下のとおりで、アドレスは http://emunaota.web.fc2.com/です。興味ある人は覗いてみてください。
1.ほうれん草を添えたステーキで、がんを無くす!
2.足指の運動で、脳梗塞や心筋梗塞を無くす! さらに、足指の運動は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、通風および水虫を無くす!
3.エアコンを止めて、ラジオ体操・散歩で、かぜ等を無くす! かぜ等とは、かぜ、インフルエンザ、花粉症、肺炎、COPD及び喘息を言う。
4.散歩・ラジオ体操・足指運動で、エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)を無くす!


調剤薬局を退職しました。 (2018.7.1追記)
私ごとで恐縮ですが、6月末日にて、調剤薬局を退職しました。数年前から退職を希望していましたが、後任が見つからず延び延びになっていました。そして今回、ようやく念願が叶いました。
上のホームページを見ていただけば分かりますが、がん、脳梗塞、心筋梗塞、かぜ等は栄養や運動で発症を抑えることが分かっていましたので、薬局で処方箋通り患者のみなさんに薬の服用をお願いする事を心苦しく感じていましたが、この退職でスッキリしました。今後は、ホームページの一層の充実にはげみ、「栄養・運動・休養のバランス」で、病気は克服出来ることを訴えて行きたいと思っております。


7年間の薬局生活で感じたことは、病気の症状を改善する薬はあるのですが、病気の原因を取り除いて、真に病気を治す薬はあまり多くなく、薬では病気は治らないとの思いの強まりです。病気は「栄養・運動・休養のアンバランス」が引き起こすのです。薬局にきた患者さんの例で言えば、排尿障害の薬や血圧の薬など処方された歯医者さんが、数名おりました。歯医者さんの仕事は、歯の研磨や工作など、指先に神経を集中して仕事をしており、全身の運動が不足していることが原因と考えられます。あるいは、繁盛している食堂のコックさんで、脳梗塞や消化器の病気になった方々がいます。コックさんも、長時間調理台の前で動かずに仕事をしていますので、全身運動が不足しているのです。それぞれの患者さんには、症状に合わせた薬をお渡しすると同時に、薬局窓口で、「運動を励行して下さい」とお話しましたが、どの程度実行して頂けたかは不明です。

では、読者の皆さんには、「栄養・運動・休養のバランス」適切に保ち、健康で楽しい生活を送られることを祈念します。
                                   以上

  1. 2018/07/01(日) 09:05:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ